衣替えはいつやればいいの?タイミングと綺麗なクローゼット作りのコツ

イベント情報

見極め方が難しいのが、衣替えのタイミングだと思います。暑さや寒さに関係なく衣替えの習慣が根付いているのは、世界でも日本だけと言われています。日本の四季ならではの伝統行事なので、正しい収納方法を身につけておきたいですね。

基本的には6月と10月に季節ごとの衣替えを行いますが、中には四季に合わせて年4回の衣替えを行うケースもあります。衣替えのタイミングがわからない場合は、その季節の最高気温を見て決めるとよいでしょう。
ここでは、季節ごとの衣替えのタイミングについてご紹介します。

保管もできる宅配クリーニング

 基本的には6月と10月が衣替えの時期

 

夏服と冬服の切り替え時期は迷うところですが、基本的には6月10月が制服の変更時期と考えてよいでしょう。

夏服への衣替え:6月1日
冬服への衣替え:10月1日

夏や冬だけでなく、春や秋にも衣替えをしたい場合は、春物は4月、秋物は9月に衣替えするのが一般的ですね。

スーツの場合

一般的にスーツは、春夏用と秋冬用に分けて作られており、生地や素材もその季節に合ったものが使われています。衣替えの時期は、春夏は4月から9月、秋冬は10月から3月が理想的。
季節を問わず着用できるスーツもありますが、毎日のようにスーツを着用する場合は、季節に合わせたものを着用することをおすすめします。

学生服の場合

地域によって異なりますが、多くの地域では6月1日と10月1日に制服を変更しています。
あくまでも目安ですが、覚えておけば、お子さんから「制服を用意して」と言われたときに困ることはないはずです。

最高気温を参考に衣替えするのもおすすめ!

衣替えに最適な時間は、住んでいる場所やその年の気候によって異なります。
北海道や沖縄では、本州とは異なるタイミングで衣替えをしなければならない場合があります。

また、記録的な猛暑や暖冬の影響で、衣替えのタイミングがずれることもあります。
衣替えをするかどうか迷ったときは、最高気温を参考にすることをおすすめします。

春服への衣替え:最高気温が16度以上
夏服への衣替え:最高気温が23度以上
秋服への衣替え:最高気温が19度以下
冬服への衣替え:最高気温が15度以下

あくまでも目安です。

衣替えのタイミングは「季節の変わり目」にしましょう

衣替えをしてから2~3週間の移行期間を設けることで、季節外れの暑さや寒さにも対応しやすくなります。
ここでは、衣替えの際に季節の移行期間を設けるためのアイデアをご紹介します。

 

前シーズンのアイテムは、衣替え後2~3週間は保管

衣替えの日に夏物と冬物を完全に入れ替えてしまうと、思いのほか気温が上がったり、逆に肌寒い日に後悔したりすることがあります。そんなときのために、前のシーズンのアイテムをいくつかワードローブに残しておくとよいでしょう。

春夏の衣替え移行期間  6月1日~2週間
秋冬の衣替え移行期間  10月1日~3週間

例えば、夏から秋への移行期であれば、半袖のTシャツやブラウスを残しておき、秋冬用のカーディガンを持っていくと着るときに温度調整ができます。天気予報をチェックして、その週の気温が安定してきたら移行期間を終了します。

 

衣替えの手順と収納のコツ

大切な洋服を傷めないためには、晴れた日に衣替えをしたり、洗濯をしてからクローゼットに入れることをおすすめします。また、収納スペースに合ったケースやバッグを使うことで、衣類を適切に保管することができます。

ここでは、衣替えの手順と収納のコツを紹介します。

衣替えの手順と収納のコツ

 晴れた日に服を着替えよう!

晴れた日に着替えることをお勧めします。 できれば、晴れた日の午前中に余裕を持って始めるのがベスト。 雨の日や天気の悪い日に衣替えをすると、収納部に湿気がたまり、衣類が傷んでしまいます。 また、同じ理由で梅雨も衣替えには不向きなので、夏の衣替えは梅雨入り前がベストですね。


 服をしまう前に洗う

洋服をクローゼットにしまう前に、洗濯しましょう。 しまう前に洗っておくと、目に見えない汚れで服が傷むのを防ぐことができます。 あらかじめ洗濯槽を洗っておくとより効果的ですね。 どうしても汚れが落ちない場合は、薄めた食器用洗剤を使って手洗いし、 生乾きのにおいが残っている衣類は、酸素系漂白剤に浸けてから洗いましょう。


衣替えの基本的な手順
衣替えの基本的な手順は、まず必要なものと不要なものに仕分けすること。 必要のないものは処分し、必要なものは洗濯やクリーニングをします。 次にクローゼットの中に掃除機をかけ、乾拭きをします。 洗濯した衣類が完全に乾いたら、クローゼットに収納して、衣替えは完了です。


衣替えに必要なアイテムの整理に困ったら

衣類の処分に困ったら、色あせ、ほつれ、シミなど、くたびれた印象のアイテムは思い切って手放しましょう。
次に、自分が着たときに素敵に見える服を残しておきましょう。また、今の自分の体型に合わない服は手放すのが良いでしょう。


 衣替えのための収納術

衣替えの際には、衣類を収納する場所を決めて、そのスペースに合わせてケースやバッグなどの収納用品を用意します。 丁寧にたたんで、防虫剤を入れて収納します。


中身が見えるよに収納する

収納物を用意するときは、中身が見えるようにしたり、ラベルを貼ったりして、次回の衣替えのときに中身を確認しなくても済むようにしましょう。

また、高い場所に収納する場合は、布などの軽い素材の収納物を使うと出し入れがしやすくなります。
湿気は空気よりも重く、底に溜まるので、高い場所に収納する場合は、ウールやシルクの服、革製のベルトやバッグなどがおすすめです。

 

衣替えにおすすめの便利なサービス

衣替えが難しいときは、クリーニング付きの保管サービスや、中古品の買取サービスなどを利用すると、負担を減らすことができます。そんな衣替えにおすすめの便利なサービスをご紹介します。

 クリーニング付きの収納サービスを利用

衣類をすべて出したりしまったりするのは、時間も手間もかかる作業です。また、自宅に十分なスペースがなく思うように洋服を収納できないこともあるでしょう。そんなときにおすすめなのがクリーニング付きの衣類保管サービスです。

特に冬から夏への衣替えの際には、厚手のアウターやセーターなど、かさばるものが多く、自宅での洗濯が難しいものもあります。クリーニング付きの衣類保管サービスなら、前のシーズンの衣類をクリーニングしてから保管することができます。

平均的なサービスでは、クリーニング後の衣類を6〜9ヵ月間保管し、1点あたり1,000〜2,000円程度で自宅に返却してくれます。
また、家族や同居人のものと一緒に預けるのもよいでしょう。

中古品の買取サービスで処分

衣替えのプロセスで説明したように、衣替えの際には、必要なものと不要なものをしっかりと選別することが大切です。
しかし、思い入れのあるものはなかなか捨てられないこともあるでしょう。

そんな時には、リユースショップの買取サービスを利用するのがおすすめです。ショップを通じて必要な人に渡せると思えば捨てるのが惜しくても手放すことができます。特に有名ブランドのアイテムは高値で取引されているので、知らずに処分してしまうのはもったいないですよね。

近年、ファッション業界による環境汚染が問題になっていますが、不要品をリサイクルできるリユースショップは、持続可能で環境にも優しいと言えます。最近では、宅配査定やLINE査定を行っているリユースショップもあります。わざわざ店舗に足を運ばなくても買取が可能なので、ぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

衣替えのタイミングを知り、それを実践することで、クローゼットを整理整頓し、季節に合わせたおしゃれを楽しむことができます。衣替えの際に移行期間を設けておけば、温度差に悩まされることもなく安心です。
衣替えに最適な時期、そして、衣替えの時期におすすめな衣替えのコツをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。
便利なサービスを利用して、衣替えの負担を軽減するのもよいでしょう。衣替えのタイミングを把握して、理想のクローゼットを作って見ませんか?気温に合わせて衣替えをするのはちょっと面倒ですが大切な作業です。衣替えはちょっとした収納のコツでラクにできるようになります。こちらを参考にして衣替えを楽しく行ってくださいね!