【推しの子】が実写化決定!キャストから原作者の驚きまで詳細解説します。

【推しの子】実写化決定しました!

芸能界を題材にした人気漫画「【推しの子】」が実写化され、今冬にAmazon Prime Videoでドラマシリーズが配信。映画が東映から公開予定です。

キャストは各キャラクターの特性を理解し、演じる能力を持つあの俳優たちが選ばれていました。

原作者の赤坂アカさんは作品の映像化に対して期待を寄せています。

この記事では、【推しの子】のキャスト発表から原作者の驚きの声や社会現象までその詳細について紹介します。

【推しの子】が実写化!

2024年冬にAmazon Prime Videoで独占配信されるドラマシリーズと映画の劇場公開が予定されています。

これは人気漫画が映像化されることの難しさを考えると、非常に大きな成果と言えます。

「【推しの子】」スペシャルビジュアル (c)赤坂アカ×横槍メンゴ/集英社・東映 (c)赤坂アカ×横槍メンゴ/集英社・2024 映画【推しの子】製作委員会

【推しの子】スペシャルビジュアル (c)赤坂アカ×横槍メンゴ/集英社・東映 (c)赤坂アカ×横槍メンゴ/集英社・2024 映画【推しの子】製作委員会(COPYRIGHT (C) Natasha All Rights Reserved.)

キャストについては、櫻井海音さん(アクア役)、齋藤飛鳥さん(アイ役)、齊藤なぎささん(ルビー役)、原菜乃華さん(有馬かな役)、茅島みずきさん(黒川あかね役)、あのさん(MEMちょ役)が起用されました。

これらのキャストはそれぞれのキャラクターの特性を理解し、演じることができる能力を持っています。

キャラクターの特性を理解して演じることができるキャストが起用されたことは、ファンにとって大きな期待感を寄せています。

原菜乃華、実写化【推しの子】に出演

気になった実写化キャスト陣として原菜乃華さんを紹介します。

【推しの子】で有馬かな役を演じることになった原菜乃華さんが、自身のSNSで出演への思いを綴りました。

彼女は、

「有馬かな役で出演させていただきます。元々観ていた作品の大好きなキャラクター。故に不安や緊張も桁違いですが、かなちゃんは演じていて共感する瞬間も多く、今までの自分の経験と重ね合わせながら大切に演じたいです。大好きな彼女の魅力を少しでも体現出来るよう、精一杯務めさせていただきます」

・・・とコメント。

彼女は「2024年冬、ドラマ配信開始&映画劇場公開です。よろしくお願いします!」とファンにメッセージを送り、待望の実写化への期待を高めました。

原菜乃華Instagram→https://www.instagram.com/nanoka_hara_official/

原菜乃華プロフィール

画像:ナタリー
  • 名前:原菜乃華(はら・なのか
  • ニックネーム:なのちゃん
  • 出身地:東京都
  • 生年月日:2003年08月26日
  • 身長:161cm
  • 星座:おとめ座
  • 血液型:A型

2017年公開の「はらはらなのか。」で主演を務めたほか、映画「地獄でなぜ悪い」「3月のライオン」「罪の声」「胸が鳴るのは君のせい」「ヘルドッグス」、ドラマ「真犯人フラグ」「ナンバMG5」「波よ聞いてくれ」などに出演している。新海誠の長編アニメーション「すずめの戸締まり」では、1700人を超えるオーディションでヒロイン役に選ばれた。2023年9月15日公開「ミステリと言う勿れ」にも出演。

引用:ナタリー

【推しの子】原作者の驚きと期待

実写化について原作者の赤坂アカさんは、「本当に大丈夫ですか?」という驚きの声をあげ、キャストと制作陣に感謝の意を示しました。

■ 赤坂アカ コメント

この度の【推しの子】の実写化にあたりまして、 【推しの子】は芸能界に対して様々な言及をしている作品です。 そして漫画作品の実写化についても触れています。 良い事ばかりを言っていません。批判的な事も言っています。 なので、もしかしたら【推しの子】が実写化する事は無いんじゃないかと思っておりました。 そのような中で今回、実写化をしようと言って頂いた時には、 キャストの皆様にも制作陣の皆様にも 「本当に大丈夫ですか?」と聞きたくなる気持ちでした。 引き受けて頂いた皆様には感謝の念が尽きません。 芸能界を舞台にした推しの子という作品を、 漫画家の目線でなく、正に芸能界という現場で、 本物の現場にいる人々が作ろうと言う気持ちはどういうものなのか そして出来上がるものはどういうものなのか 私はとても興味があります。 皆様もそうではないでしょうか? 是非その答えを一緒に見届けて欲しいと思っております。

引用:ヤフーニュース

これは原作者が作品の映像化に対して深い関心を持っていることを示しています。

芸能界という現場で、本物の現場にいる人々が作ろうとする気持ちについて興味を示し、その結果を一緒に見届けることを読者に呼びかけました。

これは原作者が作品の映像化に対して高い期待を持っていることを示しています。

原作者のこのコメントは、作品の映像化に対する原作者自身の深い思いや期待を伝えるとともに、読者に対してもその期待を共有するよう呼びかけています。

【推しの子】の衝撃

TVアニメ「【推しの子】」第2期ティザービジュアル公開記念映像

【推しの子】は社会現象を巻き起こし、2023年に放送されたアニメは大ヒットしました。

これは作品の魅力が多くの人々に認識され、広く受け入れられた結果です。

アニメのオープニング主題歌「アイドル」(YOASOBI)は米ビルボード・グローバル・チャートで日本語楽曲初の首位を獲得するなど、世界中で人気を集めています。

TVアニメ【推しの子】YOASOBIが歌うオープニング主題歌「アイドル」

作品が持つ普遍的な魅力が、言語や文化の壁を越えて多くの人々に伝わったことを示しています。

これらのように【推しの子】が単なる漫画やアニメを超え、社会現象として世界中の人々に影響を与えていることを示しています。

【推しの子】が実写化決定!総括

記事のポイントをまとめます。

.2024年冬にAmazonPrimeでドラマシリーズが配信され、映画が公開予定です。
,.主要キャストは櫻井海音、齋藤飛鳥、齊藤なぎさ、あのちゃんら起用。
.原作者赤坂アカさんは、実写化にキャストと制作陣に感謝の意を示した。
.【推しの子】は社会現象を巻き起こし2023年に放送され大ヒットした。
.オープニング主題歌「アイドル」は米ビルボードで日本語楽曲初の首位を獲得。

人気漫画【推しの子」の実写化が決定しました。2024年冬にAmazon Prime Videoでドラマシリーズが配信、映画が公開予定です。

キャスト発表に原作者も驚きの声をあげ、作品は社会現象となり世界中で人気を博しています。