アリスとテレスのまぼろし工場の興行収入と評判を徹底分析!

アリスとテレスのまぼろし工場は、映画や原作小説などで人気を集めていますが、その興行収入について詳しく知りたい方も多いのではないでしょうか?

この記事では、、アリスとテレスのまぼろし工場の興行収入や評判について、さまざまな視点から探っていきます。

また、赤字の原因や爆死の結果、さらには興行収入の回復の可能性についても考察していきます。

アリスとテレスのまぼろし工場の興行収入について一緒に探求してみましょう!

アリスとテレスのまぼろし工場の興行収入と評判

アリスとテレスのまぼろし工場は、アニメ映画であり、MAPPA製作の作品です。

岡田麿里が脚本と監督を務めています。物語は変化が禁じられた世界で、恋をする少年少女たちの物語です。

しかし興行的にはあまり成功していないようで、興行収入ランキングでも圏外となっています。

一般の観客には理解しにくい部分があり、注目度も低いと言われています。

作品の内容が分かりにくいため、一般の観客からは敬遠されており、オタク向けの作品とも言われています。

MAPPAの作画力や表現力は高く評価されていますがストーリーの設定や世界観が難解なため、アニメファンを除いてはあまり関心を持たれていないようです。

記事のポイント!

アアリスとテレスのまぼろし工場の興行収入と評判
岡田麿里プロフィール
アリスとテレスのまぼろし工場感想・評価
アリスとテレスのまぼろし工場赤字の原因
アリスとテレスのまぼろし工場 爆死とは?
アリスとテレスのまぼろし工場 興行収入は?
アリスとテレスのまぼろし工場これからの展望
アリスとテレスのまぼろし工場興行収入の回復の可能性
アリスとテレスのまぼろし工場の興行収入と評判総括

新作も人気作もラインアップ!

アリスとテレスのまぼろし工場の原作

引用:YouTube

アリスとテレスのまぼろし工場は、2023年6月13日に出版された原作小説が、2024年1月11日までに100万部を超える大ヒットを記録しました。

この物語は、時間が止まったかのような町で、出口を失った製鉄所の事故を背景に、若者たちの心動く青春と恋愛を描いています。

脚本と監督を務めたのは岡田麿里で、林遣都や瀬戸康史など才能ある声優陣が集結しました。

原作小説の人気は映画公開に沸き起こり、アニメ続編制作への期待も膨らんでいます。

アリスとテレスのまぼろし工場 あらすじ

物語の舞台は、突如爆発した製鉄所が引き起こした異変で閉じ込められた街。

住人たちは永遠の冬に取り残され、自己確認票を通じて過去や個性を維持しようとする。

主人公・正宗は退屈な日常を過ごす中、同級生の睦実とともにまぼろしの世界を発見する。

五実と呼ばれる謎の少女との出会いが物語を変え、異次元の夏の世界への扉が開く。

しかし、五実は現実世界の人間であり、彼女がまぼろしの中で仲間外れにされてしまうと、世界にひび割れが広がり始める。

正宗と睦実は彼女を現実世界に帰し、その結果、自分たちの生きる意味を再確認する。

物語は、感動と別れを通じて登場人物たちが生きていることを理解し、現実の喜びを見つける過程を描いている。

アリスとテレスのまぼろし工場概要

●劇場公開日:2023年9月15日(金)

●制作会社:MAPPA

【原作】岡田麿里
【監督】岡田麿里【副監督】平松禎史
【脚本】岡田麿里
【キャラクターデザイン・総作画監督】石井百合子
【美術監督】東地和生【音楽】横山克

【配給】ワーナー•ブラザース映画、MAPPA

【主題歌】中島みゆき「心音」

【公式サイト】https://maboroshi.movie/

キャスト

菊入正宗:榎木淳弥
佐上睦実:上田麗奈
五実:久野美咲
笹倉大輔:八代拓
新田篤史:畠中祐
仙波康成:小林大紀
園部裕子:齋藤彩夏
原陽菜:河瀬茉希
安見玲奈:藤井ゆきよ
佐上衛:佐藤せつじ

岡田麿里プロフィール

  • 本名:オカダ マリ
  • 生年月日:1976年4月23日
  • 出生地:埼玉県秩父市
  • 学歴:東洋音楽学校の声楽科を首席で卒業
  • 出身校:アミューズメントメディア総合学院

2011年に『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』の脚本で注目を浴び、その後も『心が叫びたがってるんだ。』や『空の青さを知る人よ』など多くのヒット作の脚本を手がけた脚本家。

初めて監督した『さよならの朝に約束の花をかざろう』では、アニメーション最優秀作品賞を受賞し、アニメーション監督としても国際的な注目を集めている。

アリスとテレスのまぼろし工場感想・評価

映画アリスとテレスのまぼろし工場には、次のような感想があります。

映画の設定には無理があるようで、同じ世界が続いているはずなのに、映画に映っているからという理由で不自然に派手な出来事が続く感じがあります。しかし、そのような点はどうでもよく感じられるほど、特にキスシーンが注目されます。キスシーンは非常にキモい艶かしさがあり、キモオタ的な要素が強調されていると感じられます。

囁きのwhisper
囁きのwhisper

岡田麿里の映画は、独自の青春の苦悩がたっぷり詰まった素晴らしいものでした。物語では、ちょっとした誤解や登場人物たちの感情の変遷が絶妙に描かれ、それらが物語を深化させています。だからこそ、若い世代だけでなく、どんな年齢の方にもぜひ観ていただきたいです。

きみとぼく
きみとぼく

私見ですが、2023年のベスト作品には物語が少し分散している部分も感じられました。しかし、登場人物たちの感情を考えると、エンディング後の彼らの運命を思うと、とても感傷的です。中島みゆきのテーマ曲も素晴らしかったです。

たかはし
たかはし

女性の性欲を中心に描かれるセカイ系のラブストーリーは、非常に新鮮で感動的でした。アニメーションはリアルで生々しいやり取りを魅力的に表現し、登場人物たちのセリフの進行は、山戸結希監督の作品を思わせるものでした。MAPPAの作品は、映像のクオリティが期待以上で、いつも驚かされます。

岡田麿里の作品ならではの青春の痛みが満載で、とても素晴らしい映画でした。物語では、視聴者を翻弄するような誤解や、登場人物たちの感情の変遷がうまく描かれています。これらが上手く織り交ぜられ、物語を引き締めています。だからこそ、若い世代だけでなく、どんな年齢層の方にもおすすめの一作です。

アリスとテレスのまぼろし工場赤字の原因

アリスとテレスのまぼろし工場の興行収入に関して、赤字の原因を探るために注目すべき要素があります。

映画の不発の原因の一つに、宣伝不足があった可能性があります。確かに、宣伝やプロモーションは重要ですが、この映画に無関心な層に向けての宣伝は意味がないと考えます。

興味のある観客には十分にアプローチされていたように感じます。

さらに、岡田麿里監督による映画の影響が大きかったことが挙げられます。同時期に公開された競合作品も興行収入に影響を与えたことが分かっています。

これらの要素を詳しく分析して、なぜアリスとテレスのまぼろし工場が赤字になったのかを明らかにしていきましょう。

岡田麿里による映画

では、まぼろし工場の興行収入をチェックしてみましょう。10/1までの17日間での興行収入は『2.1億円』です! 

桁がひとつちがうんじゃないかって言う数字ですよね。ちなみに観客動員数は15.2万人なのだとか。

映画の製作費は非常に高額であり、その制作費と興行収入の差が大きくなってしまったことが赤字の一因です。

岡田麿里監督は、アニメ業界でも非常に有名な存在であり、その作品には大きな期待が寄せられていました。

しかし、期待に応えるほどの興行成績を上げることはできず、制作費の回収には至らなかったのです。

同時期の競合作品の影響

興行成績が振るわなかったもう一つの原因は、同時期に公開された競合作品の存在です。

アリスとテレスのまぼろし工場が公開された時期は、他の大作映画が続々と公開される時期でもありました。

そのため映画ファンやアニメファンの注目や関心が他の作品に向かってしまい、アリスとテレスのまぼろし工場にはあまり注目が集まらなかったのです。

アリスとテレスのまぼろし工場 爆死とは?

アリスとテレスのまぼろし工場の”爆死”について触れます。その結果がいつまで続いたのか、そしてその結末がどうだったのかを詳しく説明します。

大爆死!岡田麿里監督作品「アリスとテレスのまぼろし工場」300館で大規模上映してしまったが故の悲劇…どうしてこうなった【ネットの反応】↓

引用:YouTube

この映画の興行収入の低迷は短期間の出来事だったのでしょうか、それとも長期間にわたって引き続き影響が出ていたのでしょうか。

その結果、映画自体の結末はどうなったのでしょうか。これらの点について調査し、詳細な結果をお伝えします。

このアニメ映画は評判が芳しくなく、地元の映画館では最初は5つのスクリーンで上映されましたが、ほとんど入場者がなく、ついにはスクリーンがひとつに減り一日に一回だけの上映。さらにはあさってには上映中止となるという状況になりました。

公開から四日での動員は7万人、興行収入は1億円で、邦画ランキングで8位にランクインしましたが、その後の動員は伸び悩み、ランキングからも外れ、配信やソフトの売り上げがなければ赤字との噂も出ているようです。

私はこの映画を評価しますが確かに一般の観客向けではなかったと思います。以下にいくつかのポイントを挙げてみます。

  • 映画のタイトルが意味不明であり登場人物のアリスとテレスも監督が個人的な思い出から取ったものであることが指摘されている。この無駄なタイトルや監督の創造力の過剰さが、美術的な完成度は高いが物語を理解しにくくしている。
  • 監督の創造力が過剰で作品の「ループもの」設定が不明瞭。主人公の閉じ込められた時間・空間の経験の繰り返しは理解が難しく、宣伝と異なり「時間の止まった町」の説明が不足。観客に設定を理解させる努力が不十分。

その他にも劇場でのキスシーンが長く続き、一緒に観に行った人との雰囲気が気まずくなる場面や、子供には理解しにくい展開など、人に勧めにくい映画であったと言えるでしょう。

結果として、この映画は上映が中止されることとなり、一か月も持たずに終了しました。結末に感動した私としては残念です。

アリスとテレスのまぼろし工場 Netflixにて独占配信開始

MAPPA制作のアリスとテレスのまぼろし工場は、同スタジオにおける初のオリジナル劇場作品となっており、さらには中島みゆきが歌う主題歌も注目を集めています。

このアニメは2023年9月に劇場で公開された際には既に話題となり、その魅力がNetflixを通じて広く視聴できるようになります。

新作も人気作もラインアップ!

アリスとテレスのまぼろし工場 興行収入は?

さあ、それでは”アリスとテレスのまぼろし工場”の興行収入に焦点を当ててみましょう。映画アリスとテレスのまぼろし工場の興行収入は、2.1億円です。

この映画、ワーナー・ブラザース映画とMAPPAが協力。監督は岡田麿里が務めたオリジナル劇場アニメ作品です。

初日の興行収入は2700万円で初登場6位。週末の興行収入は8500万円で初登場7位でした。

アリスとテレスのまぼろし工場 制作費

ここでは制作費について詳しく見ていきます。アリスとテレスのまぼろし工場の制作費は不明です。

この映画は高額な制作費がかかり、贅沢に使われました。映画制作の背後には莫大な予算が必要なことは誰でも知っていますが、アリスとテレスのまぼろし工場の制作費は一体どれくらいだったのでしょうか。そしてそれは興行収入にどのように影響を与えているのでしょうか。

アリスとテレスのまぼろし工場これからの展望

アリスとテレスのまぼろし工場の興行収入が赤字であることは明らかですが、将来的には回復の可能性もあります。

そして今、我々が注目すべきは”アリスとテレスのまぼろし工場”のこれからの展望です。

興行収入が何億でヒットと言えるのか、興行収入としてどのくらいの数字がすごいとされているのか、そして興行収入1位の映画は何か。

このような疑問を解き明かすことで、”アリスとテレスのまぼろし工場”の未来への道筋が見えてくるでしょう。

映画業界のビジネスモデルを理解し、成功するための条件を明らかにし、”アリスとテレスのまぼろし工場”がこれからどのような道を歩むべきかを探求していきましょう。

興行収入 何億でヒット?

興行収入とは、映画の観客が支払ったチケット代金の総額のことであり、映画作品の人気の高さを表す指標といえます。

映画の興行収入が30億円を超えると、一般的には大ヒットとされています。

メディアによっては15億円や20億円を基準にする場合もありますが、どちらにしても興行収入30億円なら大ヒットと言えるでしょう。

2022年度(令和4年)興収10億円以上番組 (令和5年1月発表)

日本映画製作者連盟(映連)は、毎年1月に前年の映画産業に関するデータを発表しています。

2022年の日本での興行収入は、トータルで約2,131億円でした。

データ引用:過去興行収入上位作品 一般社団法人日本映画製作者連盟

興行収入 いくらがすごい?

映画業界では、興行収入が10億円を達成することが成功の目安とされています。

このため、製作会社は最低でもこのボーダーラインを超えることを目標に掲げて映画を制作します。

興行収入1位の映画は何ですか?

以下が邦画の興行収入ランキングです。

順位映画タイトル公開年興行収入
1千と千尋の神隠し2001約304億円
2ハウルの動く城2004約196億円
3もののけ姫1997約193億円
4踊る大捜査線 THE MOVIE 22003約173.5億円
5崖の上のポニョ2008約155億円
6南極物語1983約110億円
7踊る大捜査線 THE MOVIE1998約101億円
8子猫物語1986約98億円
9借りぐらしのアリエッティ2010約92.5億円
10天と地と1990約92億円
データ引用:日本映画製作者連盟HPより

このランキングを見ると、宮崎駿監督作品がトップ3を独占していることがわかります。

また踊る大捜査線シリーズの2作品もランクインしており、日本映画の興行収入を支える人気シリーズである。

アリスとテレスのまぼろし工場興行収入の回復の可能性

まず、アリスとテレスのまぼろし工場はオタク向けの作品であるため、興行成績が一般の映画とは異なることを考慮する必要があります。

一部のアニメファンには高い評価を受けている作品であり、口コミやSNSでの情報拡散により、興行収入が回復する可能性があります。

また、映画の評価は時間とともに変化することがあり、ヒット作品となることもあります。

アニメファンの反応と期待

アニメファンの間では、アリスとテレスのまぼろし工場に対する期待が高まっています。

岡田麿里監督の作品は一部のアニメファンには高く評価されており、そのファンベースを活かして興行収入を回復するチャンスがあります。

また、作品自体が独自の世界観やストーリーを持っているため、一部のアニメファンにとっては非常に魅力的な作品となっているようです。

考察が好きなタイプは矛盾や伏線を探したり楽しみますね。 確かに謎な部分はたくさんありましたよ。 すんなり見れたならそれで良いと思います。

考察を見てから行かれるとより楽しめるかもしれませんね。 私は一度で充分でした

アリスとテレスのまぼろし工場の今後の活動

アリスとテレスのまぼろし工場は興行収入が赤字であるとはいえ、その活動は終わりではありません。

映画のDVDやBlu-rayの販売、ストリーミングサービスでの配信など、他の収益源を活用することで赤字を補うことができるかもしれません。

また、映画が有名になることで関連商品の売り上げも伸びる可能性があります。

さらに、人々の意識が変わることで、将来的にはアリスとテレスのまぼろし工場の評価や興行収入も改善されるかもしれません。

新作も人気作もラインアップ!

アリスとテレスのまぼろし工場の興行収入と評判総括

記事のポイントをまとめます。

製作: MAPPA
岡田麿里は多くのヒット作の脚本家、監督としても注目される
変化が禁じられた世界の若者たちの恋物語:
興行収入:は圏外、一部理解しにくいと評価
2024年1月11日までに原作小説が100万部超え大ヒット
林遣都、瀬戸康史などの声優陣
映画評価:は賛否両論、一部のキモいとの声も
興行不振の原因: 宣伝不足、競合作品の影響
初日興行収入は2700万円で6位、その後伸び悩む
制作費は高額だが具体的な数字は不明
アニメファンの間での評価が高く、将来的な回復可能性あり
興行収入の目標10億円が一つの基準よしてある
興行収入1位の邦画は「千と千尋の神隠し」約304億円
今後 DVD/Blu-rayの販売、ストリーミング配信に期待

新作も人気作もラインアップ!