ガレージBBQ!天候に左右されず楽しむガレージ活用術とは?

ガレージでのバーベキューは、キャンプの雰囲気を楽しみながら、換気対策をしっかりと行うことが大切です。

自宅や庭で簡単にアウトドアの雰囲気を味わうホームキャンプが人気を集めています。ホームキャンプでバーベキューを楽しむ場合、庭だけでなく、ガレージでも可能です。

ガレージは屋外でありながらも室内のようにリラックスできる空間で、バーベキューに最適です。

今回は、ガレージでバーベキューを楽しむメリットと、安全に楽しむために知っておくべき換気対策や注意点について説明します。

ガレージBBQ!天候に左右されず楽しむ

都市部の多くの家庭で見られるようになった、ガレージでのバーベキューは、その利便性から注目を集めています。

天候に左右されずに一年中バーベキューを楽しむことができるのが、ガレージでのバーベキューの最大の魅力です。雨や風が強い日でも、ガレージ内では快適に食事を楽しむことが可能です。

また、公共の場所でバーベキューをする際には、場所を確保したり設営したりする手間や、使用料が発生します。

一般的なキャンプ場や公園でのバーベキュー場所の使用料は、大人1人あたり平均で1500円から3000円程度かかると言われています。しかし、自宅のガレージを利用すれば、これらの手間やコストを気にせずに自由に計画を立てることができます。

さらに、ガレージでバーベキューをすることで、プライバシーを守りながら家族や友人との時間をより充実したものにすることができます。外出せずに自宅でリラックスしながらバーベキューを楽しむことができるのは、ガレージ利用の大きな魅力と言えます。

記事のポイント

1️⃣ガレージBBQ!天候に左右されず楽しむ
2️⃣ ガレージでBBQ!メリットは?

3️⃣ ガレージでBBQ!換気対策や注意点

4️⃣ ガレージでBBQ!煙の対策

5️⃣ガレージでBBQ!迷惑をかけないために

6️⃣ガレージでBBQ!総括

ガレージでBBQ!メリットは?

自宅でバーベキューしたい!でも庭ではちょっと…という場合は、ガレージでバーベキューする方法もあります。

ガレージには、ビルトインガレージやガレージハウスと呼ばれる住宅と一体型のものと、郊外でよく見かける住宅とは別に設ける広いガレージの2種類があります。

ガレージでのホームキャンプは、まるで秘密の隠れ家のような、日常とは一味違う特別な雰囲気を楽しむことができます。 周囲が囲まれているため、外からの視線や風を遮断し、雨天でも存分に楽しむことが可能です!

ガレージでバーベキューするメリットは以下の通りです。

天候に左右されない

ガレージは周囲が囲まれた空間なので、雨や風から守られてバーベキューを楽しむことができます。天候が少し不安定でも大丈夫です!風が直接当たらないため料理もしやすく、夏の強い日差しも遮ってくれ熱中症の心配もありません。

周囲から視線を遮ることができる

ガレージ内はプライベート空間として利用することができるため、周囲から視線を遮ることが可能です。外特有のバーベキューを楽しみつつも、プライバシーを確保してリラックスすることが可能です。小さなお子様がいる家庭でも周りを気にせずに楽しむことができます。

準備や後片付けが簡単

ガレージ内にはバーベキュー用具やキャンプ用具を収納するスペースがあるため、準備や後片付けも簡単です。室内から直接アクセスできるビルトインガレージなら、トイレなどへの移動も便利です。

ガレージでホームキャンプを体験するなら、キャンプ料理にも挑戦してみてください。 風を気にすることなく、落ち着いて料理を楽しむことができるのも、ガレージでのホームキャンプの魅力の一つです。

ガレージでBBQ!換気対策や注意点

ガレージでバーベキューをする際には換気が必要です。ガレージは屋外ではありますが、3方向が囲まれた空間です。一酸化中毒などが発生しないように、換気対策は必ず行いましょう。

住宅と一体型のガレージハウスでは、バーベキューコンロや七輪など炭火を使ったバーベキューは避けましょう。

カセットコンロやホットプレートを使い、シャッターを開けて換気扇を回す、サーキュレーターを回すなどしてしっかりと換気を行いましょう。

独立型の大きなガレージは広い分、住宅と一体型のものよりも換気が可能ですが、その場合も同様に十分な換気対策を行いましょう。

換気不足の状態で炭火やガスコンロを使い続けると、酸素不足による不完全燃焼で一酸化炭素が発生する可能性があります。

一酸化炭素は無色透明で無味無臭であり、気付きにくいです。濃度が上がると吐き気やめまいなどの中毒症状が出る可能性があり、非常に危険な状態になります。そのため、換気対策は必須です。

ガレージでBBQ!煙の対策

バーベキューの楽しみの一つである煙は、その香りや雰囲気を盛り上げますが、ガレージでのバーベキューでは、煙の取り扱いが特に重要です。適切な対策を講じないと、健康被害や火災のリスクが高まる可能性があります。

煙を抑える基本的な方法としては、使用する炭の種類が重要です。ビンチョウタンや無煙炭は、通常の木炭よりも煙が少なく、燃焼効率も高いため、ガレージでのバーベキューに最適です。また、火力を一定に保つために電子制御のバーベキューコンロを使用することも考えられます。

さらに、ガレージ内では高性能な換気扇を設置し、発生した煙を迅速に外部に排出することが重要です。市販の換気扇には、煙を感知して自動的に作動するタイプもあります。これを利用すれば、より安全にバーベキューを楽しむことが可能です。

また、バーベキューコンロや炭火を使う際には、以下のように火の取り扱いにも注意しましょう

  • 燃えやすいものを近くに置かない
  • 着火剤は使わない(思ったよりも炎が上がります)
  • 火消し壺や水を張ったバケツを用意する 

換気対策と火の取り扱いに注意して、ガレージで安全にバーベキューを楽しんでくださいね!

ガレージでBBQ!迷惑をかけないために

都市部でのガレージバーベキューは、新しい楽しみ方として人気を集めています。その魅力を最大限に引き出すためには、近隣住民への配慮が必要です。

特に、日本の住宅環境を考慮すると、家々の間隔は平均で約4.5メートルと狭いため、配慮が求められます。

まず、煙や臭いの対策としては、無煙炭の使用や専用換気扇の設置が考えられます。また、煙を抑える特別なバーベキューコンロも市販されており、これを使用することで近隣への影響を最小限に抑えることが可能です。

騒音については、バーベキューの時間を10時から17時頃までに制限し、音楽や会話の音量を控えるなどの配慮が必要です。

さらに、ゴミの処理についても注意が必要で、適切な分別と処理を行うことで後日生じるトラブルを防ぐことができます。

ガレージでBBQ!総括

記事のポイントをまとめます。

ガレージでのバーベキューは天候に左右されず365日楽しめる。
ガレージでバーベキューするメリットは、天候や周囲の視線から解放され、準備や後片付けも楽。
ガレージは周囲が囲まれた空間なのでシャッターや窓を開けての換気対策は必須。
ビルトインガレージでは炭火は避けてホットプレートやカセットコンロを使うことをおすすめします。

ガレージでのバーベキューは煙の管理が特に重要。

バーベキューの時間を10時から17時頃までに制限し、音楽や会話の音量を控えるなどの配慮が必要。

独立型の広いガレージは換気が良いですが、それでも同様に換気対策を行なってくださいね。

火の取り扱いにも十分注意して、ガレージでのバーベキューを安全に楽しみましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です