チルドの餃子は冷凍できる?冷凍したらまずくなるのか調べてみた!

近年、スーパーマーケットやコンビニエンスストアなどで簡単に購入できるチルド餃子が大変人気です。

その理由としては、すぐに調理できる手軽さと美味しさが挙げられると思います。

しかし、一度に大量に購入した場合や、食事の準備中に余った分を「冷凍保存できる?」「冷凍したら味が落ちたり、うまく焼けなくなる?」「どのように保存すれば良いのか知りたい」という方も多いのではないでしょうか。

特に、冷凍保存するときは注意が必要になってきます。

そこで今回は、チルド餃子を冷凍する方法やチルド餃子を美味しく食べるためのアレンジなど紹介します

チルド餃子を美味しく楽しむことができますので、参考にしてみてください。

Yahoo!ショッピング でチルド餃子のおすすめをご紹介しています!

チルド餃子とは

記事のポイント

1️⃣チルド餃子とは?
2️⃣チルド餃子は冷凍できる?
3️⃣チルド餃子の解凍方法は?
4️⃣チルド餃子のおいしい焼き方
5️⃣チルド餃子 冷凍に関するQ&A

6️⃣チルド餃子は冷凍できる?総括

チルド餃子は、その名の通り冷蔵の餃子ですね。

餃子といえば「焼き餃子」を思い浮かべますが、チルド餃子は加熱済みなので、完全に火が通らなくてもレンジで温めるだけで食べられます。スーパーマーケットやコンビニエンスストアで販売されている餃子の多くがこのチルド餃子です。

チルド餃子は、冷凍餃子とは異なり、生の状態で保存されます。そのため、調理時には新鮮な食材を使用したかのような風味を楽しむことができます。

チルド餃子のメリットとデメリットとは?

チルド餃子にはメリットとデメリットがあります。

メリットとしては、新鮮な食材を使用した風味を楽しむことができる点や、調理時間が短い点が挙げられます。

冷凍餃子に比べてチルド餃子の方が風味が良いと感じる人もいます。

一方、デメリットとしては、保存期間が短い点や、冷凍保存に比べて場所を取る点が挙げられます。

チルド餃子は冷凍できる?

家ですぐに餃子を食べたいときにチルドの餃子ってほんと便利でなんですよね。

なので、チルドの餃子が安売りしてた時に買ってきて、すぐに食べない時は迷わず冷凍保存をしちゃいます。

チルド餃子は冷凍保存することはできますが、その際に注意すべき事やポイントについてご紹介いたします。

チルド餃子を冷凍するときのポイント

チルド餃子を冷凍することに不安を感じる方もいるかもしれませんが、実は味や食感に変化はほとんどありません。冷凍しても美味しく食べることが可能です。

チルド餃子を冷凍する際の基本的な方法について説明します。

チルド餃子を冷凍する方法は次のとおりです。

  1. パックをそのまま冷凍する。
  2. 皿や容器にラップをしき、餃子を間隔を開けて並べて冷凍する。
  3. 冷凍庫から取り出したら、ラップを引っ張って取る。
  4. 冷凍できたら保存容器に移し替えて、冷凍庫で保存する。。

一度に大量のチルド餃子を購入した場合でも、この方法を用いれば長期間保存することが可能です。

チルド餃子を冷凍した場合の消費期限は?

チルド餃子を冷凍した場合の消費期限は調べてみると一般的には冷凍してから1ヵ月程度だと言われています。

市販の冷凍餃子の賞味期限について調べてみると、製造日から2週間から1年とばらつきがあります。ただし、消費期限のため、おいしく食べれる期限ではないので注意しましょう。

冷凍保存することで長期間保存することができますが、品質や風味を保つためには1ヶ月位で食べきった方が無難ですね。

チルド餃子の解凍方法は?

食品を美味しく安全に解凍するためには、適切な温度管理が必要です。

まず、冷凍時と同じ-5~-1℃を速やかに通過させることが重要です。この温度帯で長時間留まると、食品内の水分が凍結し始め、細胞がダメージを受けます。

次に、5~25℃の常温は避け、1~5℃の低温で解凍するか、高温で一気に加熱します。これにより、ドリップ(水分と栄養素を含む液体)の発生を抑え、菌の繁殖を防ぎます。

チルド餃子は冷凍したらまずくなる?

適切な方法で冷凍・解凍すれば、チルド餃子はまずくなりません。風味を損なうことなくチルド餃子を楽しむためには、解凍せずにそのまま調理することが大事ですね。

チルド餃子を解凍する際の注意点は?

冷凍した餃子は、解凍せずに凍ったまま焼くのが1番です。解凍した際にパリパリ感がない場合は、オーブントースターやフライパンで軽く焼き直すようにしましょう。

チルド餃子を解凍する際の注意点は次のとおりです。

  • 冷凍庫から出したら時間をおかずに、凍ったまま焼きましょう。
  • 解凍する際には、餃子同士がくっつかないように注意しましょう。
  • 急ぐ場合は、包装のままポリ袋に入れ、中の空気を抜いて口を堅く閉じ、水道水(流水)などにつけます。
  • 解凍した餃子を再度冷凍しないでください。品質が変わる可能性があります。

チルド餃子のおいしい焼き方

冷凍した餃子の解凍後の品質は不安定なので、可能ならば解凍せずにそのまま調理し、解凍した場合はすぐに調理して食べることが最適です。餃子の焼き方で失敗しないためには、簡単な焼き方のコツを押さえておく必要があります。

以下はチルド餃子のおいしい焼き方と作り方です。

チルド餃子の焼き方 レシピ・作り方

材料(2人分)

・チルド餃子1袋
・ごま油大さじ1
・水50cc
・油少々

作り方

1 油をしいたフライパンを熱して、チルド餃子を並べます。

2 水をいれ蓋をして中火で3分待ちます。

3 ごま油を餃子の外側から回し入れ、全体に行き渡るようにフライパンを動かします。そのまま水分を飛ばすように2分熱します。

チルド餃子のおいしい焼き方は、フライパンでの蒸し焼きですね。蒸し焼きにすることで、皮はパリッと中はジューシーな仕上がりになります。また、具材の風味も逃げずに美味しくいただけます。

チルド餃子 冷凍に関するQ&A

チルド餃子は冷凍保存できますか?
はい、チルド餃子は冷凍保存が可能です。ただし、その際には適切な方法で冷凍しなければなりません。具体的には、そのまま冷凍するのではなく、一つ一つラップで包んでから冷凍することが推奨されます。
冷凍したチルド餃子は美味しく食べられますか?
はい、適切な方法で冷凍・解凍すれば、チルド餃子は美味しく食べることができます。風味を損なうことなくチルド餃子を楽しむためには、解凍せずにそのまま調理することが推奨されています。
チルド餃子のおいしい焼き方は何ですか?

チルド餃子のおいしい焼き方は、フライパンでの蒸し焼きです。蒸し焼きにすることで、皮はパリッと中はジューシーな仕上がりになります。

チルド餃子は冷凍できる?総括

チルド餃子は冷凍保存が可能です。ただし、その際には適切な方法で冷凍しなければなりません。

例えば、大量にチルド餃子を購入した場合でも、この方法を用いれば長期間保存することが可能です。

また、解凍せずにそのまま調理すれば新鮮な状態で楽しむことができます。

そこで今回は、チルド餃子を冷凍する方法やチルド餃子を美味しく食べるためのアレンジなど紹介しました。

これらの方法を活用すれば、チルド餃子をより便利に、そして美味しく楽しむことができます。