三つ編みが苦手な不器用さんでも簡単にできる!三つ編みの基本的なやり方とコツとは?

三つ編みは、見た目はシンプルそうに見えて、実際にはその奥深いテクニックが隠されています。

多くの人にとって、初めて三つ編みを試みると、難しさを実感することがよくあります。

三つ編みを上手にできるようになるには、正しい手順を知り、それに加えていくつかのコツを実践することが大切です。

三つ編みのやり方が一度理解できれば、ヘアスタイルのアレンジの幅も広がり、楽しみが増えることでしょう。三つ編みをマスターして、素敵なヘアスタイルを手に入れましょう!

今回は、そんな不器用さんのために、基本的な三つ編みの編み方と三つ編みを取り入れたヘアアレンジのバリエーションをわかりやすく解説します。

なぜ三つ編みが難しいのか?

三つ編みができないです…。これってコツしかないですかね…??

やり方はもちろんわかるのですが不器用すぎてぐちゃぐちゃになります。髪の毛を3つに分けることすら怪しいです。

あ、ちなみに髪の毛の長さも多分関係あると思うので言うとロングではないです!

三つ編みが難しい理由は、不器用な方にとっては、基本の方法を覚えるのが難しいことがあります。

器用不器用も多少は関係すると思いますが、1番は練習量ですよ。 どんなに器用な人でも初めは出来ないわけですから、練習とコツをつかむことで、上手にできるようになります。

不安や苦手意識を持たず、楽しみながら練習してみてください。初めての方も、少しずつ慣れていけば、素敵な三つ編みヘアスタイルを楽しむことができます。

記事のポイント

1️⃣なぜ三つ編みが難しいのか?
2️⃣三つ編みが苦手な不器用さんでも簡単にできる
3️⃣
三つ編みが苦手な不器用さんでも簡単にできる三つ編みの練習法
4️⃣三つ編みが苦手な不器用さんでも簡単にできる三つ編みの失敗を修正するテクニック
5️⃣三つ編みが苦手な不器用さんでも簡単にできるヘアアレンジとは?
6️⃣三つ編みが苦手な不器用さんでも簡単にできる総括

編み込みと三つ編みは、見た目が似ているため、混同されることがありますが、実際には異なるスタイルです。編み込みと三つ編みの違いについて詳しく見ていきましょう。

編み込みとは?

編み込みは、髪を二つの束に分け、それぞれを交互に編み込んでいくヘアスタイルです。通常、髪の根元から編み始め、毛先まで続けて編んでいきます。この方法により、髪が頭皮にしっかりと密着し、立体感があります。編み込みは、ボクシーブレイドなどのバリエーションも存在し、髪型を華やかに演出できます。

三つ編みとは?

三つ編みは、髪を三つの束に分け、それぞれを左から右に交互に編み込んでいくスタイルです。髪の根元から毛先までを編むことが一般的で、三つの束が緩く結ばれています。三つ編みは、編み込みに比べて立体感は少ないですが、シンプルでクラシックなスタイルを作るのに適しています。

このように、編み込みと三つ編みは編み方や仕上がりに違いがあります。同じようにも思える三つ編みと編み込みは、どちらも髪を3つの毛束に分けて編み込むヘアアレンジですが、編み方は異なります。

三つ編みが苦手な不器用さんでも簡単にできる

三つ編みのやり方を簡単に説明すると、三つに分けて『ただ編むだけ』です。

三つ編みは、基本的に髪を3つの房に分け、それらの房を交互に編み込んでいくスタイルです。編み込む際は、毛束を途中で継続的に取り込み、最終的にはヘアゴムでしっかりとまとめるのが一般的です。このステップを繰り返すことで、三つ編みが完成します。

ここからは、基本的な三つ編みのやり方を見てみましょう!
初心者さんや不器用さんでも覚えやすいように、ステップ1つずつ丁寧に解説していきます◎

髪を3つにブロッキングする

まず、髪全体をブラシでしっかりととかします。髪をきれいに整えることが、後の作業をスムーズに進めるポイントです。

次に、三つ編みをするために髪を3つの等分に分けます。このとき、どの部分をどの毛束にするかをしっかりと決めておきましょう。

もし、ポニーテールや編みおろしのように、大きな三つ編みを作りたい場合は、髪全体をそのまま3つに分ければOKです。これにより、一つの大きな三つ編みを作成できます。

一方で、ツインテールやおさげのように、二つの三つ編みを作りたい場合は、髪を後ろで2つに分けた後、左右の毛束をそれぞれ3つに等分します。これにより、左右に2本の独立した三つ編みを作成することができます。

左右の毛束を交互にクロスさせる

髪を3つの毛束に分けます。これらの毛束をそれぞれ両手でしっかりと持ちます。

編み込んでいくのは、左右に位置する2つの毛束のみと覚えておきましょう。

最初に左側の毛束を中央の毛束に向かってクロスさせます。これにより、一番左と中央にあった毛束の位置が入れ替わります。

次に、一番右にある毛束を、先ほど中央へ移動させた毛束に向かってクロスさせましょう。これで1段目の三つ編みが完成します。

この作業を繰り返すことで、段々と美しい三つ編みが編み込まれていきます。

この手順を順守しながら、左右の毛束をクロスさせ、編み込んでいくことで、魅力的な三つ編みヘアスタイルを作成することができます。練習を続け、慣れていけば、綺麗な三つ編みが手に入ります

毛先まで編み込んだらゴムでまとめる

三つ編みを毛先まで編み込んだら、ヘアゴムを用いてしっかりとまとめるのが大切です。結び目が緩いと、三つ編みが崩れやすくなるため、しっかりと固定しましょう。

ヘアゴムは、できるだけ小さくて目立たないものを選ぶことがおすすめです。これにより、スタイリッシュな仕上がりを実現できます。

最後に、編み込んだ三つ編みの部分から少しずつ毛束を引き出してみましょう。このステップにより、昔ながらのおさげヘアをトレンド感ある三つ編みアレンジにアップデートできます。

ただし、毛束を取りすぎると、編み込んだ部分が解けてしまう可能性があるため、慎重に調整しましょう。全体のバランスを考慮しながら、美しい仕上がりを目指しましょう。

三つ編みが苦手な不器用さんでも簡単にできる三つ編みの練習法

三つ編みは、シンプルな手順でできるヘアスタイルの一つであり、練習次第で誰でも上手にできるようになります。

手先のコントロールや基本的な手法を覚え、慣れていけば、美しい三つ編みを自分で作ることができるでしょう。不安や緊張せずに、ゆっくりと練習を重ねてみてください。

三つ編み一つ結びの簡単な方法

一つ結びを活用して三つ編みを簡単に作る方法を紹介します。



三つ編みを自分でやるコツとは?

自分自身に三つ編みするのがすごく苦手で出来てもぼさっとなってしまいます…

どうしたら上手に三つ編みを出来るでしょうか? コツをつかむと楽しくできるヘアスタイルの一つです。不器用な人でも三つ編みをスムーズに行うためのコツを学びましょう。

以下では、三つ編みを自分で行う際のコツを紹介します

1. 髪の準備

最初に、髪をしっかりとブラッシングし、絡まりやすい部分を解いておきましょう。髪の状態が整っていると、編みやすくなります。

2. 髪を三つに分ける

次に、編み込みをしたい部分の髪を左から中央、右から中央に向かって均等に三つに分けます。髪束をしっかりと持つことがポイントです。

3. 編み始める

左から中央に向かう髪束を右手に持ち、中央から左に向かう髪束を左手に持ちます。そして、中央に残った髪束を中心として、右から来た髪束を中央に挟むように持ち替えます。これを交互に繰り返し、髪を編んでいきます。

4. 結び目を作る

編み終えたら、髪の先端にヘアゴムを使って結びましょう。結び目がしっかりと固定されるように、ゴムを2回以上巻いて締めるのがポイントです。

5. 仕上げ

完成した三つ編みを少しずつ引き出して、ふんわりと仕上げます。このとき、引き出す毛束の量やバランスを調整して、おしゃれなルックスを作り出しましょう。

鏡をよく見ながらゆっくりと丁寧にやることが大事です!私も昔大雑把にやりすぎで上手く出来ませんでしたが、それだけで綺麗な三つ編みを作れました。

コツとしてはキュッと締めるように編むと崩れにくいと思います。三つ編みの編み方は1本目と3本目の束を交互に真ん中に持っていく感じです。これが一般的な編み方だと思います。。

三つ編みの長さを短くする方法

髪の毛の長さが肩につくくらいの、ミディアムなのですが、三つ編みをうまくする方法はありますか?

髪が長すぎて扱いづらい場合、長さを調整する方法を解説します。三つ編みの長さは、髪の長さに合わせて選びましょう。髪の長さによって、最適な三つ編みの長さが異なります。

以下では、異なる髪の長さに合わせた三つ編みの長さのおすすめポイントを紹介します。

1. ミディアムヘアの場合

ミディアムヘアの方には、肩より少し長めの三つ編みがおすすめです。この長さだと、髪が絡まることなく、綺麗な三つ編みを作るのに適しています。また、ミディアムヘアならではの軽やかな雰囲気を演出できます。

2. ロングヘアの場合

ロングヘアをお持ちの方には、肩甲骨あたりまでの長さが適しています。この長さだと、髪を編み込む際に適度な重みがあり、三つ編みがしっかりとまとまります。さらに、髪の長さを生かして、美しい三つ編みを楽しむことができます。

しかし、三つ編みの長さは個人の好みによっても異なります。自分のスタイルやライフスタイルに合わせて、最適な長さを見つけることが大切です。

三つ編みが苦手な不器用さんでも簡単にできる三つ編みの失敗を修正するテクニック

三つ編みが上手にできなくて、失敗したときの修正方法を紹介します。

三つ編みは、慣れるまでは難しいものですね。三つ編みが上手くできなかった場合、以下の方法を試してみてください。

  1. 編み目をほどく: 三つ編みの失敗を修正するためには、まず編み目をほどきます。編み目をほどすことで、髪の毛を元に戻すことができます。
  2. 髪の毛を整える: 編み目をほどした後、髪の毛を整えます。髪の毛を整えることで、編み目がきれいになります。
  3. 再度三つ編みをする: 髪の毛を整えた後、再度三つ編みをします。今度は前回よりもゆっくりと丁寧に行うようにしましょう。

・・・・諦めずにトライしてみましょう。

三つ編みが苦手な不器用さんでも簡単にできるヘアアレンジとは?

ヘアスタイルのアクセントとして魅力的な三つ編みは、結ぶ位置やスタイルによって、全体の雰囲気を劇的に変えることができます。三つ編みの基本を習得したら、さまざまなヘアアレンジのアイデアを試してみましょう。

以下では、三つ編みを取り入れたヘアアレンジのバリエーションを紹介します。

三つ編み×裏編みアレンジ

三つ編みには、基本の表編みとは異なる編み方である「裏編み」があります。通常の表編みでは、左右の髪束を上から中央の髪束に交互に編み込んでいくのですが、裏編みではその逆の方法を用います。

つまり、髪束を下からクロスさせて編み込んでいくのが特徴です。このため、裏編みでは編み目が表編みとは逆向きになり、髪束が上に向かって流れているように見えます。表編みが上品で落ち着いた雰囲気を持つのに対し、裏編みはアクティブでラフな印象を与えます。

ただし、クロスさせる向きが異なるだけで、基本の編み方は表編みとほとんど同じです。

用意するもの

裏三つ編みをするために必要なものは特にありません。

髪を分けるためのクリップや、髪をまとめるためのゴムがあると便利です。

やり方は…

三つ編みにしたい髪の毛を3つの束に分けます。
ひとつひとつの束の量が同じになるよう髪を分けるのがPOINT。

左の束を真ん中にクロスさせ、右の束を真ん中にクロスさせます。

左端にある束を真ん中にクロスさせ、右端にある束を真ん中にクロスさせます。

裏編みアレンジとは、編み込みと同じ要領で左右の毛束を真ん中にもっていく際に、上に重ねていたのを下(裏)に重ねていくアレンジです。編み目が浮き上がり華やかな印象になり、甘めな雰囲気になるのが特徴です。

三つ編み×くるりんぱアレンジ

通常の三つ編みにくるりんぱを組み合わせることで、ヘアスタイルに新たな動きを加えることができます。

例えば、髪を編みおろしスタイルにする場合、サイドの髪をくるりんぱしながら寄せ集めるだけでも素敵なスタイルが完成します。くるりんぱを取り入れることで、トレンド感あるルーズなスタイルに簡単にアップデートできるでしょう。

さらに、くるりんぱを使うと髪にボリューム感もプラスできますので、ふんわりとした柔らかいシルエットを作りやすくなります。このスタイルをより魅力的にするために、ベースの髪にはコテやパーマを使ってカールをつけておくことがおすすめです。

用意するもの
必要なものは特にありません。髪を分けるためのクリップや、髪をまとめるためのゴムがあると便利です。

やり方は…

少しゆるめにひとつ結びでポニーテールを作ります。

結び目の上を2つに分けてその中に毛先を入れて一回転させます(くるりんぱ)。

一回転させたら毛先を引っ張って形を整えます。

それか短くして、三つ網をしたいときはトップから髪を持ってきて、ゆるーくやることもできると思います!!

くるりんぱアレンジとは、結んだ髪を1回転させてひねりを加えるヘアアレンジ方法。ゴムの上にホールを作り、縛った毛先側をくるりんと通すことで、平面的になりやすいひとつ縛りに上品な立体感を与えることができます。

三つ編みが苦手な不器用さんでも簡単にできる総括

三つ編みは、髪を美しくアレンジする方法の一つとして幅広く愛されています。

基本の三つ編みを学び、失敗を防ぐコツを掴んだ後、さまざまなバリエーションやスタイリングのテクニックを取り入れて、自分らしいヘアスタイルを楽しむことができます。

また、三つ編みの種類も表編みと裏編みがあり、それぞれ異なる雰囲気を持っています。クロスさせる向きを変えるだけで、基本の編み方はほぼ同じなので、不器用さんでも挑戦しやすいでしょう。

今回は、そんな不器用さんのために、基本的な三つ編みの編み方と三つ編みを取り入れたヘアアレンジのバリエーションをわかりやすく解説しました。

三つ編みを通じて、自分らしいヘアスタイルを表現しましょう。気軽に挑戦してみてください。