シャインマスカット異例の安さ! なぜこんなに安くなった?

「シャインマスカット、安い!」

今年の夏は、旬を迎えたシャインマスカットが異例の安さで販売されています。

都内では1房398円で売られている店も出ており、例年であれば1房1500円から2000円ほどで取引されていることを考えると、大幅な値下がりと言えるでしょう。

今回は、シャインマスカットがなぜ安くなっているのか調べてみました。

ぶどう 送料無料 岡山県産 シャインマスカット 晴王 2房 〈秀品以上〉【7-10日程度でのお届け】※北海道・四国・九州・離島届不可

シャインマスカット安さの理由

この安さには、2つの大きな理由があります。

気になった理由1:暑さによる生産量の増加

シャインマスカットの安さの理由として、暑さによる生産量の増加が最も大きな要因と考えられる。

ブドウは、気温が高くなると糖度が上昇し、生産量も増加する傾向がある。そのため、今年は暑さの影響で、シャインマスカットの生産量が例年よりも増加したと考えられる。

気象庁によると、2023年の7月から8月までの全国の平均気温は、平年より0.8℃高かった。特に、8月は平年より1.5℃高く、全国各地で記録的な猛暑となった。

ブドウの栽培適温は、15℃から25℃程度である。気温が高すぎると、ブドウの糖度が上がり過ぎて、酸味が少なくなってしまう。しかし、今年は気温が高くても酸味を保つことができる品種が開発され、生産量の増加につながったと考えられます。

気になった理由2:香港への輸出減少

シャインマスカットは、日本国内だけでなく、中国や香港などにも輸出されている。しかし、今年は東京電力福島第一原子力発電所の処理水の海洋放出をめぐり、中国や香港からの輸入規制が強化されました。

そのため、シャインマスカットの国内流通量が増え、価格が下がったのではないでしょうか。

中国と香港は、シャインマスカットの主要な輸出先です。2022年には中国向けの輸出量は約1万トン、香港向けの輸出量は約1万3000トンに上っています。

これらの理由以外にも、以下のような要因がシャインマスカットの安さに影響している可能性があります。

  • 新型コロナウイルスの影響による外出自粛で、需要が減少した。
  • 他のぶどう品種の価格が下落し、シャインマスカットとの価格差が縮まった。

今後、シャインマスカットの安さがどのように推移するかは、国内外の情勢や消費者の需要などによって左右されるでしょう。

シャインマスカットの特徴

シャインマスカットは、2006年に日本で開発された種なしのブドウです。マスカット・オブ・アレキサンドリアを親に持ち、果皮が薄く、皮ごと食べられるのが特徴です。

シャインマスカットは、2013年に品種登録されて以来、人気が高まっています。2022年には、国内のブドウ栽培品種の中で、栽培面積が最も広い品種となりました。

  • 糖度が高く、甘みが強い。
  • 酸味が少なく、食べやすい。
  • 香りが強く、ジューシー。
  • 皮ごと食べられる。

シャインマスカットは、そのまま食べても美味しいですが、スイーツや料理にもよく使われます。

例えば、シャインマスカットを使ったスイーツとしては、ゼリー、ムース、ケーキ、アイスクリームなどがあります。料理としては、シャインマスカットを使ったサラダ、デザート、肉料理などがあります。

シャインマスカットは、幅広い用途で楽しめる、人気のブドウですね。

気温が高くなるとブドウの糖度が上昇し生産量も増加するのはなぜ

ブドウの糖度は、果糖の量によって決まります。果糖は、ブドウの葉っぱで光合成によって作られます。

気温が高くなると、光合成の活性が増加し、果糖の生成量も増えます。そのため、気温が高くなると、ブドウの糖度が上昇します。

また、気温が高くなると、ブドウの葉っぱから水分が蒸発しやすくなります。そのため、ブドウの木は水分を補給するために、果実に水分を送り込みます。この結果、果実のサイズが大きくなり、生産量が増えてきます。

ただ、気温が高すぎるとブドウの糖度が上がり過ぎて、酸味が少なくなってしまうことがあります。

そのため、ブドウ栽培では、気温が高くなり過ぎないように注意が必要です。

具体的には、以下の方法で気温の高さによる影響を抑えることができます。

  • 日陰を活用する
  • 水やりを適切にする
  • 気温に強い品種を栽培する

これらの方法を組み合わせることで、暑さによるブドウの品質低下を防ぐことができます。

まとめ

2023年9月現在、旬を迎えたシャインマスカットが異例の安さで販売されています。

これは、今年の夏は全国的に記録的な猛暑となったため、ブドウの生産量が例年よりも増加したことと、東京電力福島第一原子力発電所の処理水の海洋放出をめぐり、中国や香港からの輸入規制が強化されたため、国内流通量が増えたことによるものです。

消費者にとっては、シャインマスカットが安く手に入るのは朗報と言えるでしょう。この機会に、シャインマスカットの安さを賢く活用して、おいしいシャインマスカットを味わってみてはどうでしょうか。