マイコ13年ぶり2回目の大河に注目!マイコが出演する大河ドラマ「どうする家康」の魅力とは?

女優のマイコさんが、NHK大河ドラマ「どうする家康」に浅井3姉妹の末娘・江役で出演することが決定しました。この出演が、マイコさんにとっては13年ぶりの2回目の大河出演となります。

江役のマイコさんは、徳川家康の三男・徳川秀忠の正室となり、千姫や3代将軍・家光を生むことになります。そのため、江は歴史的にも重要な役どころであり、マイコさんの演技に注目が集まっています。

どのように役を演じるのか、ファンや視聴者たちは楽しみにしています。

今回は、NHK大河ドラマ「どうする家康」に浅井3姉妹の末娘・江役で出演する女優マイコさんのプロフィールや、ドラマの魅力とマイコさんの今後の活躍について紹介します。

女優マイコさんのプロフィール&経歴

画像:ORICON NEWSより引用

マイコさんの簡単なプロフィール!

本名:非公開
芸名:マイコ
出身地:アメリカ・シアトル
生年月日:1985年3月15日
年齢:38歳
身長:168㎝
血液型:O型
所属:ジーアールプロモーション

特技:クラシックバレエ。

3歳から16歳までバレエを習い、コンクールにも挑戦していましたが、体型の変化や膝の故障に伴い16歳の時に断念しました。その後、高校卒業後に芸能界入りし、モデルとして活動を開始しました。

2008年、映画「山のあなた~徳市の恋~」でスクリーンデビューを果たしました。2010年にはNHK大河ドラマ「龍馬伝」に出演し、注目を集めました。その後も、映画「喰女-クイメ-」(2010年)、「ミロクローゼ」(2011年)、「透明なゆりかご」(2015年)、「おかえりモネ」(2021年)など、数多くの作品に出演しています。

2016年には、俳優の妻夫木聡さんと結婚し、2018年と2023年に第1子と第2子を出産しました。

主な出演作品

  • 映画
    • 山のあなた~徳市の恋~(2008年)
    • 喰女-クイメ-(2010年)
    • ミロクローゼ(2011年)
    • 透明なゆりかご(2015年)
    • おかえりモネ(2021年)
  • テレビドラマ
    • 龍馬伝(2010年)
    • おひさま(2011年)
    • エンディングカット(2013年)
    • 妻は、くノ一~最終章~(2015年)
    • アンダーウェア(2016年)
    • 透明なゆりかご(2015年)
    • おかえりモネ(2021年)
  • 舞台
    • 魔都夜曲(2012年)
    • お気に召すまま(2013年)
    • No.9-不滅の旋律-(2014年)
    • ガラスの仮面(2016年)
    • しろときいろ(2020年)
福山雅治主演 大河ドラマ 龍馬伝 dvd全4巻セット【nhkスクエア限定商品】

大河ドラマ「どうする家康」の魅力とは?

NHKの大河ドラマ「どうする家康」では、徳川家康の波乱に満ちた人生と、天下統一への壮大な物語が描かれます。

この作品は、戦国時代から安土桃山時代へと時代背景が変わる中、徳川家康とその周囲の人々の戦略と決断が如何にして天下統一へと導いたかを詳細に描いています。

「どうする家康」は、徳川家康が戦国の世を生き抜き、天下を統一するまでの壮絶な運命を紐解く大河ドラマとして62作目にあたります。また、特筆すべきは、江戸幕府初代将軍である家康を単独の主役として描くのは、1983年の「徳川家康」以来、40年ぶりのこととなります。

この大河ドラマを通じて、日本の歴史における偉大なリーダー、徳川家康の生涯と功績に再び光を当てます。

大河ドラマ「どうする家康」の魅力は、大きく分けて以下の3つが挙げられます。

古沢良太脚本による新たな家康像

このドラマの脚本は、大ヒットドラマ「コンフィデンスマンJP」シリーズで知られる脚本家の古沢良太氏が手がけています。古沢氏は、これまでの戦国武将像とは異なる、人間味あふれる家康像を熟練の筆致で描き出しています。

例えば、家康は幼少期に今川家の人質として過ごし、孤独な日々を送りました。また、豊臣秀吉の天下統一に協力するなど、決して完璧な人物ではありませんでした。

しかし、そんな家康が個性豊かな家臣たちと共に乱世を生き抜いていく姿勢は、多くの視聴者に共感を呼び起こしています。

松本潤演じる家康の熱演


「どうする家康」では、家康役を務めるのは嵐の松本潤さんです。松本さんは、家康の孤独や葛藤を繊細に表現し、新たな家康像を確立しています。また、彼は家康の明るく前向きな一面も見事に演じ、視聴者の心をつかんでいます。松本さんの演技が、この大河ドラマに新たな魅力を加えています。

豪華キャストによる群像劇

「どうする家康」には、家康を含む豪華なキャスト陣が出演しています。豊臣秀吉役のムロツヨシさん、武田信玄役の阿部寛さん、織田信長役の岡田准一さんなど、個性豊かな俳優陣がキャラクターを魅力的に演じ、ドラマに深みと面白さを加えています。家康の物語に彼らの存在が一層の魅力を添えています。

このように、古沢良太脚本による新たな家康像と松本潤さんの熱演、豪華キャストによる群像劇など、本作には多くの魅力がいっぱいですね。

浅井3姉妹の末娘・江役

今回演じる江は、浅井長政とお市の方の間に生まれた浅井3姉妹の末娘で、姉妹の中では三女にあたります。江は、彼女の生涯で三度目の結婚で、その相手は徳川家康の三男・徳川秀忠で、江が彼の正室となります。

江のキャラクターは、冷静沈着で物事に動じない強い女性として描かれています。彼女は夫である秀忠を思慮深く支えることで知られており、その姿勢が物語に深みを与えています。

マイコさんは、透明感のある美しい容姿と、幅広い演技力で、多くの作品で活躍している女優です。これまでも、ヒロインから悪女まで、さまざまな役柄を演じ分けてきました。

そんなマイコさんが、浅井3姉妹の末娘・江をどのように演じるのか注目されています。

マイコ13年ぶり2回目の大河に注目!

マイコさんは、2010年の「龍馬伝」以来の3年ぶりに大河ドラマに出演です!前回はドラマデビュー作であり、初の大河ドラマ出演でした。

マイコさんは、前回大河ドラマに出演したのは2010年の「龍馬伝」以来、約3年ぶりとなります。彼女にとっては、ドラマデビュー作かつ初の大河ドラマ出演作でした。

「龍馬伝」に初めてテレビドラマ出演した際、マイコさんは次のように述懐しています。「置いていかれないよう、また皆さまの足を引っ張らないよう、常に神経を張り詰めていた思い出があります」

・・・と述懐しています。

今回の「どうする家康」では、以下の点が注目されています。

  • 13年ぶりの大河ドラマ出演で、どのような演技を見せるのか
  • 浅井3姉妹の末娘・江という、冷静沈着で強い女性をどのように演じるのか
  • 夫・秀忠を支える思慮深い女性として、どのような活躍を見せるのか

マイコさんの演技に期待が高まり注目もされています。

まとめ

マイコさんが13年ぶりに大河ドラマに出演することが話題となっています。

過去には、大河ドラマ「おんな太閤記」や「葵 徳川三代」、「江~姫たちの戦国~」で江役を演じた五十嵐淳子さんや岩下志麻さん、また「江~姫たちの戦国~」では主人公を務めた上野樹里さんなどが江役を演じてきました。

しかし、マイコさんはその透明感あふれる美しい容姿と幅広い演技力で、多くの作品で素晴らしい活躍をしている女優です。

今後の活躍にも期待が高まりますね。彼女の演技によって、江役がどのように新たな魅力を放つのか、楽しみに待ちたいところです。