歌詞を歌わずに読めるか選手権が話題!これ歌わずに読める?

2023年7月、TikTokで歌詞を歌わずに読めるか選手権という動画が話題となりました。この選手権は、有名な歌の歌詞を歌わずに読めるかを競うというものですね。

この選手権は多くの人の共感を呼び、TikTokで数十万回再生されるなど、大きな反響を呼びました。

歌詞を歌わずに読めるか選手権は、歌詞を歌わずに読むことの難しさと、多くの人の共感を呼んだことが話題となった理由です。

今回はこの選手権が話題となった理由と、歌詞を歌わずに読む練習方法について解説します。

歌詞を歌わずに読めるか選手権意外と難しい

歌詞を歌わずに読めるか選手権が話題となった理由の1つは、歌詞を歌わずに読むことが意外と難しいことです。

歌詞は、歌詞カードや歌詞検索サイトなどで、歌詞を見ながら覚えたことが多いため、歌詞を歌わずに読む機会はあまりありません。

歌詞は、韻を踏んでいたり、リズムがあったりするため、歌詞カードや歌詞検索サイトを見ながら覚えたとしても、歌わずに読むには、ある程度の練習が必要になります。

また、歌詞には、音節の長さや抑揚など、歌で表現する要素も含まれています。そのため、歌詞を歌わずに読むためには、これらの要素を意識して読む必要があるのです。

記事のポイント

1️⃣歌詞を歌わずに読めるか選手権意外と難しい
2️⃣ 歌詞を歌わずに読めるか選手権多くの人の共感を呼んだ

3️⃣歌詞を歌わずに読めるか選手権歌詞を歌わずに読む練習方法

4️⃣歌詞を歌わずに読めるか選手権総括

歌詞を歌わずに読めるか選手権多くの人の共感を呼んだ

歌詞を歌わずに読めるか選手権が話題となった理由のもう1つは、この選手権が多くの人の共感を呼んだことです。

この選手権には、歌詞を歌わずに読むのが苦手な人や、歌詞を歌わずに読むのが意外と難しいことに気付いた人など、多くの人が参加しました。また、この選手権の動画には、多くのコメントが寄せられ、多くの人が共感したことがうかがえます。

特に、歌詞を歌わずに読むのが苦手な人からは、私も歌詞を歌わずに読むのが苦手で、この選手権を見て、自分だけじゃないんだと安心したというコメントも多く寄せられました。

また、歌詞を歌わずに読むのが意外と難しいことに気付いた人からは、歌詞を歌うのが難しいことに気付いて、歌詞をもっと丁寧に読もうと思ったというコメントも多く寄せられました。

歌詞を歌わずに読めるか選手権歌詞を歌わずに読む練習方法

歌詞を歌わずに読めるか選手権に参加してみたいと思った人は、歌詞を歌わずに読む練習方法を知っておくといいでしょう。

歌詞を歌わずに読む練習方法は、大きく分けて2つあります。

1つは、歌詞カードや歌詞検索サイトを見ながら、歌詞を歌わずに読む練習をする方法です。

もう1つは、歌詞を歌わずに読む練習用のアプリやサイトを使う方法です。

歌詞カードや歌詞検索サイトを見ながら、歌詞を歌わずに読む練習をする場合は、まずは、歌詞をゆっくりと読むことから始めましょう。慣れてきたら、徐々にスピードを上げていくといいでしょう。

また、歌詞の音節の長さや抑揚などを意識して読むようにすると、より効果的です。

歌詞を歌わずに読む練習用のアプリやサイトを使う場合は、アプリやサイトが用意した歌詞を、歌詞を歌わずに読む練習をしてみてね。

歌詞を歌わずに読む練習方法のポイント

  1. リズムに合わせすぎない:歌詞を読む際は、メロディーやリズムに引きずられすぎず、言葉の意味を大切に読み取ることが重要です。
  2. 声のトーン・イントネーションに気を付ける:歌詞らしく読むには、声の高低をうまく使い、言葉のニュアンスを表現することがポイントです。
  3. スピードに気を付ける:歌詞のテンポに合わせてスピードを調節し、言葉が聞き取りやすいペースで読むことが大切です。
  4. 感情表現に力を入れる:歌詞の内容や雰囲気に合った声の色付けを心がけましょう。言葉の意味を理解し、感情を込めて読むことが重要です。
  5. 息遣いに気を配る:フレーズごとに適切な息継ぎをし、言葉の区切りを意識して読むようにしましょう。
  6. 発声練習も欠かさない:歌詞を読む練習と共に、発声練習も定期的に行うことで、読み上げる力が高まります。

以上のポイントを意識し、繰り返し練習することで、歌詞を上手く読み上げる力が身に付いていきます。音楽性を損なわない読み方を心がけましょう。

以下に、代表的な歌詞覚えるアプリをいくつか挙げます。

これらのアプリを活用して、自分に合った方法で歌詞を覚えてみましょう。

歌詞を覚えるためのコツ

アプリやサイトによっては、自分の声を録音して、自分の読み方を客観的に確認できるものもあります。

  1. 歌詞を何度も繰り返し読む。
  2. 歌詞を音読する。
  3. 歌詞を暗記するためのアプリやゲームを使う。
  4. カラオケで歌う。

以上の歌詞を歌わずに読む練習をすることで、歌詞を歌うのも楽しくなるようですね。

関連ツイート

歌詞を歌わずに読めるか選手権に関連したTwitterの投稿をいくつか紹介します。

  • 「歌詞の朗読選手権、思ったよりウマい!歌わないからこそ言葉の美しさ、世界観を味わえる。プロの朗読を聞けるなんて最高。」
  • 「歌詞だけの朗読、新しい文化!でも難易度高すぎね?ただ読むだけだと思ったけど結構むずかしい。」
  • 「歌詞を読むコンテスト面白そう。自分ならこの曲が得意そう。でも審査員厳しそう…。」
  • 「歌詞の選手権、うまく読める人すごい!言葉のニュアンス表現するの難しいよね。練習してみようかな。」
  • 「歌詞だけでストーリーを想像できる読み手が評価されそう。曲から独立した新たな評価基準があるのがおもしろい。」

このように、新しい表現の試みとしてオリジナリティがある、朗読の技術に注目が集まる、読むだけでも難易度が高いなど、様々な反応が見られます。新ジャンルの可能性に期待する声もありますね。

歌詞を歌わずに読めるか選手権総括

歌詞を歌わずに読めるか選手権が話題になっているのは、以下のような背景があると考えられます。

最近、歌詞の朗読が注目されている。歌手のライブなどで歌詞の朗読パートが設けられることが増えた。

SNS上で歌詞の朗読に挑戦する投稿が増加。歌詞の世界観を聞かせる試みが広まった。

-歌詞の言葉を大切にしたい、歌わずにストーリーを伝えたいという需要が高まった。

プロの朗読者が歌詞を朗読する映像が話題に。上手な朗読の魅力が知られるようになった。

歌詞の朗読力を競うコンテストは未だになかったため、新たな選手権として注目を集めている。

このように、歌詞そのものの魅力を引き出す朗読がクローズアップされ、読み手の技術が注目され始めたことが、この選手権が話題になっている背景だと分析できます。歌うことなく歌詞を楽しむ新たな表現の試みと言えそうです。

歌詞を歌わずに読む練習をすることで、歌詞をより深く理解できるようになるだけでなく、歌詞を歌うのも楽しくなるでしょう。

【悩み相談・恋愛相談・話し相手】オンラインでカウンセリング。

>>魂の個人鑑定うけて見てみる