線香花火の楽しみ方はコレだ!最後まで燃やすコツとは?

線香花火は夏の風物詩のひとつで夏と言えば花火。花火といえば線香花火……。

線香花火は、ほとんど火を点けて地面に落ちて消えるまで数十秒と刹那的です。

でも、ただ燃えるだけではありません。一本の花火が燃え尽きるまでにはさまざまなドラマがあり、非常にロマンチックですね。

そこで今回は、線香花火を最後まで燃やすコツと線香花火の種類、、それによって得られる線香花火の魅力などを紹介します。

🌐デジタル一眼レフ、デジカメ、レンズなどダンボールに詰めて自宅で待つだけ。自宅まで無料で集荷に伺います。

>>カメラ買取【リサイクルネット】

線香花火を最後まで燃やすコツとは?

線香花火は、夏の夜の風物詩です。しかし、せっかく買ったのにすぐに終わってしまうと、少し残念ですよね。そこで、今回は線香花火を最後まで楽しむためのコツをご紹介します。

線香花火は2つに分類されます。

米作りが盛んな関西地方にはワラが豊富にあったため、スボ手は関西地方を中心に親しまれてきました。

それに対して長手は、関東地方で生まれた線香花火で、関東地方は米作りが少なく紙すきが盛んだったため、ワラの代用品として紙で火薬を包んで作られました。

  • すぼ手の代表的な線香花火は「大江戸牡丹」で、燃焼時間は約1分30秒。火花は大きくて華やか。
  • 長手の代表的な線香花火は「大江戸千代」で、燃焼時間は約3分。火花は小さくて精密。

線香花火種類によって燃焼時間や火花の形が違う

線香花火は水ではないけれども、その火の玉は、熱で溶けた材料で水のような液体になっています。

それが表面張力だけで丸くなってぶら下がっているのですから、ふるわせたらあっけなく落ちてしまいます。

さらに水と違って、火の玉自身、さかんに燃えてとけて性質が変わっていく液体のかたまり、ぷるぷるふるえていて不安定です。

▼美しく火花を散らしてやがて収束して火玉が燃え尽きるまでの動画です。

線香
線香

着火直後、細かく震えながら丸い、ふっくらとした牡丹の花のような火の玉が形作られます。 …

やがて「パチパチ」と音をたて、松の葉のように細かく枝分かれした大きな火花が、激しく、勢いよく噴き出します。 …

音は小さくなり、火花が柳の木のように枝垂れて細くやわらかく長くなります。

線香花火に火のつけるのはライターではなくロウソク

火をつけるときは、ライターではなくロウソクがいいですね。炎が安定するうえ、片手があくので花火の先に集中できます。

風が強いとロウソクの火が強くなるので、手で囲うなどして火花が飛び散らないように注意してください。

さらに、花火に火をつけたら、地面に垂直に持つのではなく、斜め45度に傾けるのもポイントです。

線香花火を長く楽しむためには、火をつける前に、火薬がつまった先端から少し上のくびれた部分を軽くひねるといいそう。

線香花火を最後まで楽しむための工夫とは?

線香花火を最後まで楽しむための工夫は、持ち方や動かし方を工夫することと、演出やアレコレを工夫することです。

線香花火の持ち方や動かし方を工夫する

線香花火は持ち方や動かし方によって火花の形や量が変わもので持ち方はしっかりと握るか、指先でつまむかなど自由に試してみましょう。

  • 持ち方や動かし方の工夫
    • すぼ手は先端から点火したら、柄の部分に近づけて再点火すると長持ちする
    • 長手は中間から点火したら、両端にも点火すると三本の火花が出る
    • 火花が弱くなったら、風に当てたり振ったりして酸素を送ると復活する
    • 火花の色が変わったら、それが最後の合図なので注意する

線香花火をゆっくりと動かすと花火がより美しく見え、花火をより長く楽しむことができます。

市販の線香花火を最後まで成功させる時に大切なのは、少し斜めに持つことと、火をつける前に火薬の入っている『首』の部分を少しキュッと絞ってあげることだそうです。

線香花火は演出によって楽しみ方が広がる

誰が一番長く玉を落とさずにいられるかを競うのも、線香花火の醍醐味です。 ワイワイと騒いだ後にしんみりと美しい火花を眺める、その静かな雰囲気は手持ち花火ならではの魅力です。

  • 演出やアレコレの工夫
    • 写真に撮るには、三脚やシャッタースピードを調整するときれいに撮れる
    • 動画に撮るには、スローモーションやタイムラプスなどの機能を使うと面白い
    • 線香花火の火花を文字にするには、アルファベットやひらがななどの簡単な文字から始めると良い
    • 線香花火の火花を絵にするには、ハートや星などのシンプルな形から始めると良い

写真や動画を撮ったり、文字や絵を描いたりすると思い出に残るのでしょう。

線香花火関連ツイート

@mika_
線香花火をやった。子供の頃によくやったなぁと懐かしくなった。火花の色が変わるときが好きだった。今でも好きだな。

@hiro_
線香花火をやった。初めて彼女とやったときのことを思い出した。手を繋いで火花を見ていた。あのときは幸せだったなぁ

@saki_
線香花火の工夫をしてみた。長手の線香花火を両端に点火すると、三本の火花が出て面白い。すぼ手の線香花火は先端から点火したら、柄の部分に近づけて再点火すると長持ちする。

@kenta_
線香花火のアイデアをしてみた。線香花火の火花を文字にするには、アルファベットやひらがななどの簡単な文字から始めると良い。練習してから本番に挑戦すると成功率が高い。

線香花火を最後まで楽しむときの注意点とは?

線香花火を最後まで楽しむときの注意点は、安全対策とマナーを守ることですね。線香花火は火を使うので、安全対策は必須です!

線香花火の安全対策をしっかりと行う

  • 場所は火気厳禁のところや人や物に近いところは避ける
  • 線香花火をするときは消火用の水やバケツなどを用意する
  • 火は消えたように見えても熱くなっているので、水に浸したり土に埋めたりして完全に消す
  • 髪や服などに引っかからないように注意する

線香花火は火薬を使用しているので、安全に楽しむようにしましょう。特に、子供が線香花火を扱う場合は、大人が付き添って安全に打ち上げるようにしましょう。

周りに迷惑をかけないようにマナーを守る

  • 公共の場所では許可されている場所や時間帯で行う
  • 線香花火をする時間は夜遅くならないようにする
  • 音や火花が周りの人や動物に当たらないように気をつける
  • ゴミを残さないように片付ける

つい花火が楽しくてお子様など花火を持ちながら走り回ってしまうこともありますが、大変危険です。やけどや何かに引火してしまう危険もあるので、開始する前にしっかりとルールを伝えましょう。

線香花火を最後まで楽しむときの注意点は、安全対策とマナーを守って事故やトラブルを避けることです。

🌐デジタル一眼レフ、デジカメ、レンズなどダンボールに詰めて自宅で待つだけ。自宅まで無料で集荷に伺います。

>>カメラ買取【リサイクルネット】

線香花火まとめ

線香花火は、夏の夜の風物詩です。しかし、せっかく買ったのにすぐに終わってしまうと、少し残念ですよね。

そこで今回は、線香花火を最後まで楽しむためのコツをご紹介しました。

線香花火を最後まで楽しむ工夫を参考にして、素敵な思い出を作ってくださいね。😊

コツを押さえていつも以上に線香花火の美しさを堪能しましょう。

🌐デジタル一眼レフ、デジカメ、レンズなどダンボールに詰めて自宅で待つだけ。自宅まで無料で集荷に伺います。

>>カメラ買取【リサイクルネット】