今回は、別所温泉の楽しみ方を紹介します。長野県の最古の温泉地・別所温泉。古くは「七久里の湯」と呼ばれ枕草子にも登場する信州最古の温泉です。北条氏が別院として使っていたことから「別所」という名前がついたといわれています。御利益のある良質のお湯で、肌がなめらかになることから「美人の湯」とも呼ばれています。浴衣を着て風情ある温泉街をふらりと歩いて、楽しんでみるのはいかがでしょう。


                               資料:GokurakuTVチャンネル

歴史のロマンが漂う信州の鎌倉といわれ、数多くの文化財に囲まれてるいち押しの温泉地です。
ホームページ: 別所温泉
場所:長野県上田市別所温泉

アクセス
(1)上田菅平ICから車で30分
(2)上田電鉄別所線別所温泉駅⇒下車徒歩5分

風情ある温泉地

別所温泉をのんびりと散策してみませんか?最近新たに整備された散歩コースや木製のベンチ、ミニパークなどがあり楽しい散歩道になっております。歩き疲れたなら喫茶店や足湯(無料)、150円で入れる外湯が3箇所あり、休みながらゆっくり観光できます。

 

画像

 

別所温泉のカフェ「まるげん」さん画像

 

       別所温泉 「足湯」

画像

 

お得に外湯めぐり

お伝えした通り、別所温泉の醍醐味と言えば3ヶ所にある公衆浴場をめぐる「外湯めぐり」です。休館や混雑状況は、「別所温泉」の公式サイトで公開しているので、確認してからのお出かけをおすすめします。

※都合により定休日や営業時間の変更の場合有。

3つの外湯

別所温泉には3つの外湯(共同浴場)があります。湯口からは源泉が常に流れています。

♨真田幸村隠しの湯「石湯」

真田一族が傷を癒したという言い伝えが・・・。天然の岩間がそのまま浴槽になっており、昔は「牛湯」とも呼ばれていました。

画像営業時間:午前6時 ~ 午後10時
定休日:第2・4火曜日
入浴料:150円
TEL:0268-38-0243

アクセス
場所:長野県上田市別所温泉1641

♨慈覚大師ゆかりの湯「大師湯(だいしゆ)」

天長二年(825年、平安時代)比叡山延暦寺の座主円仁慈覚大師が北向観音堂建立のため当地に来錫の折、好んで入浴したので大師湯と名付けられました。

画像営業時間:午前6時 ~ 午後10時
定休日:第1・3木曜日
入浴料:150円
TEL:0268-38-0244

アクセス
場所:長野県上田市別所温泉1652

♨木曽義仲ゆかり葵の湯〜北条氏ゆかりの湯「大湯」

吉川英治作『新・平家物語』の舞台となり、義仲が葵御前と逗留したことから「葵の湯」とも呼ばれる外湯。

画像営業時間:午前6時 ~ 午後10時

定休日:第1・3水曜日
入浴料:150円
TEL:0268-38-0245

アクセス
場所:長野県上田市別所温泉215-1

オンラインで楽しむ別所温泉


出典:HAMURA FILMS

長野県上田市、別所温泉旅館組合のPVです。 自分へのプレゼント編、別所温泉へようこそ!編、メイキングを一つにまとめました。

別所温泉の詳しい情報はこちら! 別所温泉観光協会

まとめ

景色をはじめ、グルメにお祭りと、訪れる季節によって楽しみ方も色々ですね。今回は、別所温泉の楽しみ方を紹介してみました。次回また違った形で別所温泉の魅力を紹介できればと思います。なお、今回の紹介内容が最新の情報ではない場合がありますので、お出かけの際には、最新情報を確認をしてからお出かけください。